見出し

インタビュー

なりたい看護師像を目指せる職場

実際に当院で働いてみてどのように感じましたか?
看護師として働き始めてまだ1年半程しかたっておらず、力不足であると感じることが多くあります。迷惑をかけてしまうことも多々ありますが、その都度指導していただける環境はとても素敵でありがたい職場だと感じます。
当院は教育体制がしっかりしているため、学びが広がっていきます。病棟の先輩方も熱心に指導して下さるため、日々たくさんの学びにあふれています。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?
日々気を付けていることは、笑顔と話し方です。患者様に一番近い存在である看護師という立場は、患者様の療養生活の中で密接な関係になると思います。ストレスがかかる入院生活を送っている患者さまであるため、少しでも気分が晴れるように、常に明るく親身にかかわることができるよう意識しています。

なぜ看護師になろうと思いましたか?
私は病気と闘っている患者様の力になりたいと思い看護師になりました。自分が笑顔でいる事で患者様にも笑顔になってもらえるかもしれない、どんな些細なことでも自分がした事によって患者様を元気にしてあげられるかもしれない、という希望や可能性を信じて看護師として働きたいと思っていました。
そのため、今働いている中で患者様の笑顔や「ありがとう」という言葉をいただくと、もっと頑張ろうと自分の原動力にもなります。


消化器内科勤務
看護師 職歴1年 千葉県立保健医療大学出身

優しい先輩が多い救急病棟で働いています!

現在のお仕事について教えてください。
私の所属している救急救命センターでは、様々な疾患の超急性期の看護を行っています。脳疾患・心疾患・呼吸器疾患が多いですが、幅広い知識を生かしつつ、急変時対応においても現場で学ぶことができます。人工呼吸器管理やドレナージ管理、オペ後の管理も行いますので、様々なスキルと知識を得ることができる職場だと思います。

病棟の雰囲気を教えてください。
 救急病棟に配属された時は病棟柄、恐い先輩が多いのだろうなぁと覚悟しましたが、その覚悟がいらない程に優しい先輩方が多い印象を受けました。確かに緊急時は緊張感がある空気に変わりますが、普段は定時帰りをスタッフ全員の目標にしているような温かい職場です。こんな看護師を目指したいと思える先輩看護師に沢山出会うことができ、新人である私にとって学び多い環境でもあると思います。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?
救急病棟であるため、患者様の急変や異常・身体変化の兆候に敏感に気づき、迅速に報告することを意識しています。そのため、重症な患者様は特に頻回な観察を行い、変化を確実にモニタリングしています。また、ナースコールや病室の音に敏感になり、それらが鳴った際は後回しにせずに迅速に対応するよう心掛けています。

教育体制はどうですか?
今年の新人院内看護教育は比較的ゆっくりとしたペースであり、病棟では実地指導者の指導の下、自分に合ったペースで受け持ち人数や夜勤の開始時期を調整させて頂いています。その為、自分の力量以上の負担を過度に抱えることなく、少しずつ成長することができます。入社後3か月は毎週1回の研修があり、看護技術の見直しと共に、仲間に会えるリフレッシュの場となっている点も楽しく仕事が継続できる秘訣の1つとなっています。


救命救急センター勤務
看護師 職歴1年 千葉大学出身

赤十字のスタッフとして、さらなる知識向上を目指します!

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?
成田赤十字病院に就職したのは、全92ある赤十字病院の1つであり赤十字病院のスタッフの一員として働いてみたいとの強い思いからです。
また、本病院は三次救急に指定されている病院でもあり、看護師として大きく成長できる場ではないかとの思いからこの病院を志望しました。

教育体制はどうですか?
就職してからは、忙しくも充実した毎日を送っています。このような看護業務が忙しい中でも知識向上のため、勉強会や研修を積極的に行い、特に新人教育には力を入れている病院だと感じています。

病棟の雰囲気を教えてください。
私が働いている病棟は年代が幅広く、働き始めの頃から先輩方からたくさんのフォローをしてもらっています。病棟や業務に慣れた現在は、病棟の一員として働いているという実感があります。先輩方は看護師としても、人としてもとても尊敬できる方ばかりで、先輩方を目標に日々看護をしています。忙しい中でも笑い溢れる素敵な病棟です。まだまだたくさんのことを学ぶ事が多いので、頑張って吸収したいと思います。


内科・耳鼻咽喉科勤務
看護師 職歴1年 東京工科大学出身

患者様の「退院後の生活を考えた看護」を実践

職場の特徴
成田赤十字病院は、急性期病院であり、長期間入院をすることは難しいところがあります。そのため、治療が終わったら、自宅に退院するか、リハビリ目的で転院することが多くあります。患者様が入院されてから治療を行い、今後の生活を考えて看護を実践していく必要があります。看護技術や知識だけでなく、退院後の生活を考えて関わっていく必要があるため、看護師として大きく成長できる環境であると思います。

看護学生のみなさんへ!
成田赤十字病院では、1年目からカリキュラムに合わせて院内研修が行われており、病棟配属になってからも、実地指導者が教育・指導をしてくれるため、安心して、看護師として働くことができ、個々の能力に合わせて知識・技術を身に付けることができます。


整形外科勤務
看護師 職歴2年 城西国際大学出身

1年間を振り返って

「こころ温かい看護」
去年、成田赤十字病院に就職しました。入職当初は想像していた現場とのギャップに戸惑い、心が折れそうになりました。しかし、多くの先輩方に支えていただき、「また看護師として頑張ろう」と奮起させていただきました。そのように思えたのも、赤十字の理念に掲げている「こころ温かい看護」がスタッフ内でも実践されていたからだと感じます。

看護学生のみなさんへ!
新人が安心して看護提供できるように、新人教育として1年間新人研修があります。各分野を知り尽くした専門看護師や認定看護師が技術や知識を優しく指導してくれます。また、各部署にプリセプターや教育担当の係長が存在し、親身になってご指導してくださるので、安心して業務が行うことできます。


脳神経外科勤務
看護師 職歴2年 二葉看護学院出身